SEO対策の一つとして内部リンクを増やすと言ったものがありますが、これはホームページ内でほかのページへのリンクを増やしていくといったことでSEO対策になるといったことです。

そして内部リンクを増やすと、グーグルの検索エンジンは、このホームページはいいページだと言ったことを判断してくれるのですが、なぜグーグル検索エンジンは内部リンクが多いホームページをいいホームページと判断するのでしょう。それは内部リンクが多いようなホームページは閲覧者がサイト内で迷わずにほしい情報を探せるようにつくられているような優良なホームページだといったことを判断するのです。

そしてほかにはキーワードをページタイトルや見出しなどにいれれば、SEO対策に効果があると言ったことなのですが、これも閲覧者がそのページが何について書かれているかがすぐにわかるからいいといったことを判断されるのです。

そしてホームページを閲覧されるようなお客様に対して、お客様目線に立って作成するようなことが結果SEO対策になってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です